スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

世の中をなめるなってことですね、分かります。

 今日は文化祭でしたー。
 ちなみに明日もです。



 まあ、何と言うかすみません。
 愚痴って嫌いなんですけど、ちょっとだけ愚痴らせてください。


 自分のクラスはお化け屋敷をやっているんです。
 自分は道のど真ん中で倒れてるんですけど、
 気付かないで踏んで通ってゆく人が結構いますね。はい。
 悲しいですwww

 でもみんな大体そっと歩いて移動してるんで、
 踏まれてもいたくないんですよ。
 特に女の子。
 何あれ痛くないwww

 男子は比較的ビビらない奴が多いし、
 筋肉とかで体重もあるんで、
 踏まれると、おっ、ってなります。
 でもそのくらいです。
 やっぱりそんな痛くないです。


 でも一回だけ、目を蹴られてしまって結構痛かったですね。
 まあ、気付かなかったんですから仕方ないですけどw
 反射的に涙が滲み出ました。はい。
 まだと言うか何か今が一番痛いかもですね、はい。
 でも痛くないです(ぇ(きっと誰にも伝わらないこの感じ


 そして、自分が道に倒れてるの気付いてるのに、
 しかも、 「こんな所に手があったら踏んじゃいますよー」 って
 わざわざ言いながら思いっきり自分の両手を
 踏んで行った男子がいましたねー。

 これが一番痛かったし涙出て来たし、
 見た目的にもやられた感出てるしですね。
 いやあ、あれは痛かった。
 今も痛いけどでもやっぱり痛くない(意味、分かりますかね……?


 そして、お化け屋敷を壊しに来るどうしようもない
 先輩とかがいるんですよね、やっぱりこれが。

 自分は、せっかく作ったのになあ、
 なんて思いながら道のど真ん中で倒れてるんですけど、
 何か自分が隠れてる所にある机(二つ重ねてあるやつ)を
 倒したりしてきて。
 あれ、危なかったですね。

 その机と自分の間にあったあの椅子。
 あれがなかったら大怪我だったかもですね。
 流石に中に人がいるって気付いた時、奴等やべえって
 言ってましたね。
 ビビってましたね。
 ざまあwwwwwwwwwwwwww

 自分はその椅子に何度かお礼を言っておきました。
 マジありがとう椅子。
 これ以上肉体的に痛いの来てほしくなかったからね。
 うん。
 マジありがとう椅子。
 感謝してる。
 次はお前を俺の使う椅子にしたいぜ……。



 ……とまあ、特に怒っている訳でもないし、
 イラついている訳でもないし、
 恨んでいる訳でもないし、
 目とか手とかが痛いだけで別に病んだりもしてないんですけどね。

 何か、日記的に書いとこうと思いまして。
 思い出として(ぇ
 つか何が書きたかったって、椅子の活躍ですよね。ええ。


 目が痛いのはまあ、悪気があった訳じゃないから
 怒る必要もないですし。

 両手が痛いのはあれですよ。
 他の子が自分の位置(両手踏まれる)にいなくてよかったなあ、
 とか、両手踏んで行った人は何をそんなに溜めてるのかなあ、
 とか思うくらいですし。

 机倒して来た奴はほら。
 椅子が大活躍してくれましたから。
 ね。


 それにお化け屋敷壊して行った件については、
 クラスの人々が自分の分まで愚痴ってくれてましたからね。
 自分が言う必要はないですよ。
 むしろそんなに言われてたら逆に可哀想な気がwww
 まあ、修復作業も青春と思いなさいな皆さん、って感じですwww



 ……明日はわざと壊したり踏んだりされないといいなあ……。
 特に前者は嫌ですね。
 だって、無駄に愚痴聞かなきゃいけないですからね。

 ではでは。
 愚痴になってるのかなってないのか分からない愚痴を
 失礼致しました。



 うん。
 やっぱり、この世に本当に悪い人って、いないと思うんだよね。
 勝手かも知れないけどね。

 みんなそれぞれ理由や環境があって行動してるんだもんね。
 だから、人を嫌いになる理由がないと思うんだ。

 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
プロフィール

白雨南風

Author:白雨南風
081018
好き:寝ること、湯船に浸かること
最近のマイブーム:寝る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。