スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ある日一人の少年は。



 ある日。
 一人の少年は大切を見付けた。
 ある日。
 一人の少年は守りたいものを見付けた。
 そう、例え、この身に変えてでも守りたいものを。

 その日から、少しずつ、少しずつ。
 少年は、自分を誤魔化す事をやめて行った。

 ま、いっか。

 そんな口癖も言わないように。
 言わなくていいように。

 ある日。
 一人の少年は夢を見たから。
 大切な、守りたいものを、失くしてしまう夢を。
 そんな時も少年は、何時もの口癖を舌の上に転がしたんだ。

 ある日。
 一人の少年は夢から覚めた。
 嫌な夢だったと、心底思った。
 そんな簡単に失くしてたまるかと、抗う事を決めたんだ。

 そうして少年は、少しずつ、少しずつ。
 大切を失くしてしまわないように。
 嫌な夢を見ないように。
 少しずつ、少しずつ。
 変わって行ったんだ。



 それが誰かに見せられた夢だとも気付かぬまま。
 ……なんちって←

 追記に拍手コメント返信ありますー。

   ↓


 itaka様
 ------------------------------
 訪問&拍手&コメントありがとうございます!
 人の目を気にしない人や超鈍感な人なら出来ますねきっとw
 自分はすぐ流されてしまうので、
 もう少し流されないようになろうと思いますw

 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
プロフィール

白雨南風

Author:白雨南風
081018
好き:寝ること、湯船に浸かること
最近のマイブーム:寝る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。